空振り三振もやがてホームランになる


第99回の熱闘!甲子園

熱い戦いがスタートしました。

甲子園が始まると、少年心が蘇ります(*^^)v

私は、中学生で野球をやり
最初は、なかなかボールに当たらず三振ばかりだった。

最初はボールから離れていた三振が
少しずつ当たるようになった。

そして、前に飛ぶようになり
ヒット性の当たりも出てきて

やがてヒットがある程度の確立で出るようになりました。

たまに、ホームランも打てるようになり
三振が少しずつ減ってきた。

ビジネスも同じで、最初は三振ばかり(笑)
でもこの時期に辞める人が大半

三振は、辛いですからね。

三振→ヒット→ホームランという順番なのに

ビジネスになると、いきなりホームランを狙う人が多い。

ビジネスを初めると最初は、集客が上手くいきません。

最初は、空振り三振な日もたくさんある
しかし、集客を続けていくとコツがわかり

人が勝手に集まってきます。

 

でも集客があまりできないと、すぐあきらめて、違うビジネスに移る

もったいな〜っといつも思います。

もし少し、バットを振っていくとやがてヒット(集客)がでるのに。

ビジネスはホームランを打つことより
ヒットを続けること、そしてたまにホームランを打てばいい

空振り三振もやがてホームランになりますよ。

 

 

 

 

 

 

 

 

キレイデザイン協会を作ったときも最初は三振ばかりでした(笑)

 

 

 

 


【無料レポート】3年で年商1億円をつくる協会ビジネスの作り方

この無料レポートは、
これまで私が実際に協会を設立して 代表理事として、
1年で年商1億を作った知識や経験、 講座やコンサルでお伝えしたノウハウを元に
構成されています。

こんな方は、ぜひ【無料】プレゼントを受け取ってください。

セミナービジネスは順調だけど、いつも集客やフォローに追われている
スクールビジネスをしているが、限界を感じる
自分が身体を使って働くフロービジネスから、
 
   自分のコンテンツでロイヤリティをもらうストック型のビジネスに移行したい

協会を設立したが、うまく機能していない
自分の講座コンテンツをもっと多くの方に伝えたい!
協会ビジネスを成功させるためのノウハウを学びたい
新・家元制度で、業界No1を目指したい方


 

【無料レポート】を読んで頂くと

教育ビジネスを導入することで、事業を発展します

新規集客をし続けなければいけないフロービジネスから卒業できます。

●自分の代わりに全国各地でビジネスを展開してくれる講師(ビジネスパートナー)を育成できます。

社会に良いことをしながら、
収益を上げ続けるビジネスモデルを一緒に作り上げましょう。

【無料レポート】3年で年商1億円をつくる協会ビジネスの作り方

お名前(姓名)
 
メールアドレス
ご紹介者様(任意)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA