おくりびと。 どんな死に方をしたいですか?


今月は、いろんなところで話題の【おくりびと】。

納棺師の資格が、

いきなり三倍近くになったりと話題になりましたね。

ちょっとブログに載せるには話題遅れかも知れませんが。。。

ご勘弁を(;^_^A

 

私も今日からお墓を立てる計画をしていますので、

【死】について最近ふれる機会が多くなりました。

 

お墓は、来月立つ予定ですので、

ちょっと『死』について触れたいと思います。

 

日本は、『死』について非常にネガティブなイメージがありますが、

海外ではどんな死に方をして、生きていくのかって、とても死について前向きです。 

だっていつかは、みんな死を迎えますからね。(^∇^)

例えば、日本の墓地の近くの土地は安くなりますが、

アメリカでは、高くなります。アメリカの墓地は、まさに芸術です。 

すごくキレイで一度見る価値はありますよ。(*^ー^)ノ

インディアンは、いかに死ぬかを子供の時から教えられるそうです。

産まれるときは、産まれる人(赤ちゃんが泣いて)周りが嬉しそうに、

よく産まれて来たねって。(笑う)

そして、死ぬ時は死んでいく人が、(笑って)、

周りの人がまだ、逝かないでって(泣く)・・・

そんな死に方をしなさいと教えられるそうです。(*^ー^)ノ

自分→産まれる時(泣く)。死ぬ時(笑う)
周り→産まれる時(笑う)。死ぬ時(泣く)  

息を吐きながら生まれ。息を吸いながら(息をひきとる)死んで逝く。 

笑って死ねるように。
みなさんもどんな生き方よりもどんな死に方をするかのかを考えてみませんか?

【夢を実現する言葉】
産まれた事が、奇跡なのです。産まれたからには、夢をもとう。

人生をもっとキレイにカラフルに

【色】を使って、女性の働き方を変える!すぐできる セルフコントロール色彩術

セルフコントロール色彩術_無料小冊子プレゼント