キレイデザイン学in東北_遊ぶように仕事をこなす女性たち


こんにちは、キレイデザイン協会

代表理事の大沢清文です。

10月27日

28日は東北は山形県米沢市へ

 

 

キレイデザイン学の勉強会&ランチセミナーでした。

主催は、高橋純子さん・泉本ゆうさん

 

 

 

 

1日目は、観光&郷土料理で上杉神社へ

ここは、
『為せば成る 為さねば成らぬ何事も
成らぬは人の為さぬなりけり』

上杉鷹山(うえすぎ ようざん) 米沢藩(山形県)藩主
で有名なへ言葉が、随所にありました。

 

この言葉は、

やればできる(可能性がある)
やらなければできない(可能性ゼロ)

「できない」と最初からあきらめるのでなく
「できる」と思って行動する

でも、一生懸命に努力してもできないこともある。

『為せば成る』
やってみると、失敗でも「いい経験」になる
1番の失敗は、「何もしないこと」
かもしれませんね。

観光後は、 認定講師のみなさんとのスイーツ会&勉強会

ここでは、キレイデザイン学のなりたちから

カラーを使ってどのようにビジネスにするのか?

認定講師が活躍するための秘訣についてお話ししました。

 

夜の懇親会では

協会ビジネスについて語りました。

社会を良くしながらどう収益を上げるのか?

人の役に立つビジネスを作るにはどのようなステップにするの?

山形にいながら全国展開する仕組みってどうやって作るの?

など、

美味しい郷土料理と山形のお酒を舌鼓ながら

楽しい交流ができました。

 

1日目は、ほぼ食べてばかりでした(笑)

 

2日目は、キレイデザイン学スイーツ&勉強会

 

始めたの方に向けての【キレイデザイン学】

漫画を使って、お話してみました。

 

「色」を使って、その人の個性と運気がわかります。

 

「色」を使ってビジネスができる認定講師のコミュニティを全国に広げたいと思っています。

 

こんな感じです。

 

特に私の場合は、女性が多いので・・・

「お茶会やスイーツ会・ランチ会」でお伝えしています。

理由は・・・

男性脳女性脳の違いなんです。

男性は、狩猟型のビジネスモデル
=(獲物を)集客して、契約(狩る)する

女性は、農耕型のビジネスモデル
=コミュニティ(わいわいおしゃべりと雑談と食べ物が食べれる安全な場)
を作って、共感しながら商品を買ってもらう

男性は、結果を残したい
=獲物を得る習性のため

女性は、安心・安全の場で楽しみたい
=子供を産み育てるため

 

私も最初は、セミナーを開催して、そこに集客をし成約をしてもらう。

これは、完全に男性的な狩猟型のビジネスモデルでした。

しかし、私は99%が女性のお客様ですので

セミナーに来て、一方的に説明して
【はい】やりましょう!

では、

なかなかうまく行かなかったのでランチ会&スイーツ会を始めました。

講師が一方的にしゃべるセミナーと

参加者が一方的にしゃべる(笑)

ランチ&スイーツ会で開催すると全国から

女性起業家が集まって来てくれました。

 

やっぱりみんなしゃべりたいんですね(笑)

ということで、山形でもこのスタイルで開催しました。

 

実際に参加されている方とおしゃべりすると

どんな悩みがあるのか?

本当にわかりますね。

キレイデザイン学で、その悩みを解決していきたいと思います。

ご参加頂いたみなさまありがとうございます。

 

今後もキレイデザイン学を全国各地で開催予定です。

おかげさまで、キレイデザイン学

東京フォーラム:2017年11月11日(土)

大阪フォーラム:2017年11月26日(日)

満席です。

ありがとうございます。

 


『女性らしい感性を活かした美ジネスであなたの大ファンをつくる』7つの秘訣

このメールマガジンは、

7日間で、女性起業家として自分らしく
活躍できる仕組みをお伝えしています。

——-<目次>———-

Vol.1_あなたのビジョンに共感しあなたの大ファンになる!理念・コンセプトつくり

Vol.2_あなたのことを周りに話したくなるプロフィールつくり

Vol.3_あなたにとっての最高のお客様は誰ですか?

Vol.4_お客様が集ってくる! 魅力あるオリジナル商品・サービスつくり

Vol.5_お客様が喜んで口コミを起こしてくれる101人メソッド

Vol.6_お客様の心理をつかみ、自然と購入したくなる販売方法

Vol.7_あなたを応援してくれるファンを育てるコミュニティつくり

こちらよりご登録お願いします

お名前(姓名)
 
メールアドレス

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA