死ぬ日を決めると人生楽しくなる_墓碑銘


 

おおさわ

あなたは、死ぬ日を決めていますか?

お盆になると、
お墓参りされる方も多いと思います。

こんにちは、キレイデザイン協会 理事長 大沢清文です。

私も、毎年恒例のお墓参り行ってきました。

突然ですが、あなたは死ぬ日を決めていますか?

 

えーーー。
「なんか縁起でもない?」
っと聞こえてきそうですが(笑)

 

自分の死ぬ日を決めると
「どう生きるか?」
が決まりますよ。

そして、
生きる楽しみにが増えますよ(^○^)

死ぬ日から逆算して生き方を考える。

日本は、「死」に対して暗いイメージやタブーだとされる傾向がありますが
海外では、生きた証として墓碑銘を生きた時に考えるそうです。

アンドリュー・カーネギーは

「己よりはるかに偉き者達を率いた男ここに眠る」

と墓碑銘に書きました。

鉄鋼王のアンドリュー・カーネギーは
自分一人でやるより他人の助けを借りる方が良いものができると知ったとき人は偉大なる成長を遂げると語りました。

 

私は、この話を聞いて

 2009年に自分が生きた証しとして、お墓を建てました。

ちなみに私の佐賀では、
生きているうちに自分のお墓を建てると
お墓の裏に、赤い文字で建立した日を書き
無くなったら白文字に書き換えるそうです。

私は、墓碑銘を
「ありがとう」と刻みました。

いつも「ありがとう」と言える人生
「ありがとう」と言ってもらえる人生
を歩みたいという思いで、墓碑銘を刻みました。

あなたは、

どんな言葉をお墓に刻まれたいでしょうか?

どのような鮮やかな
お花(献花)を飾ってもらいたいでしょうか?

どんな風にあなたのことを語り継がれたいでしょうか?

そして、そのために今日からできる小さな一歩は
何でしょうか?

一人で死ぬ日を決めると怖いかもですが
みんなで決めると、楽しい毎日がやってきます。

私も、前田出先生の講座のサクセスナビゲーター講座の仲間と
一緒に死ぬ日を決めました。

死ぬ日の決め方も伝授してもらえますよ。

セルフコントロール色彩術_無料小冊子プレゼント

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA